お役立ち情報

HACCPに沿った衛生管理の義務化から1ヵ月が経過して
  • 事業者様からのお話

飲食店の事業者様との打合せ時に「すごく勧誘(HACCP)の電話が来るんだよ」と言われました。

その時は、別件での打合せでしたが、事業者様も私がちゃんと営業活動をしているのかを心配してくれているようでした。(とても有難いことです)

私が、営業があまり得意ではないことは、皆様ご存知のようです。

その代わり、私を選んでいただいたお客様には、全力でサポートさせていただきたいと思っています。

その為には、努力を惜しまずに自己研鑽を繰り返し、競合他社との差別化を図っています。日々の勉強は当たり前だとして、研修やセミナーに積極的に参加するなどしています。HACCP関連においては、ワンランク上のサービスを提供出来るように【HACCPコーディネーター】の資格を取得しています。

飲食店だけではなく、食品工場のHACCPシステムの構築、運用に携わっていきたいと考えています。

  • HACCP運用責任者の知識の向上

自治体の認証を取得した事業者様のHACCP運用の責任者である社員の方が、HACCPなどに対しての知識が向上しています。開始してから半年ほど経過しましたが、実施記録の内容がどんどん詳細に記載されるようになってきました。最初は、HACCPについてご存知なかったようでしたが、現在は目的意識を持って、より良い商品を製造する為にHACCPに取り組まれています。

私も事業者様と一緒に知識の向上と多くの経験を積んでいきたいとあらためて感じました。

  • HACCP制度全体の今後について

現時点で先進国を中心にHACCP導入の義務化が進んでいます。自国が義務化している基準を満たさない商品を輸入することは考えられません。日本も世界基準に合わせ、海外市場で求められる商品のスペックを満たす必要があります。その為、最低限のHACCPシステムの構築に留まらず、事業者様には是非、次の段階を目指して、商品の質の向上と競合他社との差別化を図って頂きたいと考えています。

お気軽に
ご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

080-5417-4243

受付時間/平日・土日9:00〜21:00
お急ぎの場合はいつでもご連絡ください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ