事業内容Business

食品営業施設開業・
経営サポート!Restaurant opening and management support!

店舗設備などの
物的要件チェック

食品営業許可を取得するには、必須となる設備があります。事業様が開業する計画段階において、当事務所が助言やご提案をさせていただきます。必要となる設備は、地域によって多少異なる場合もあります。「あそこの地域では大丈夫だったのに」とならないように内装工事などが開始する前に当事務所にご相談ください。

飲食店の開業・経営サポート!行政書士斎藤拓也事務所

必須資格などの
人的要件のチェック

飲食店などの食品営業施設を開業するには食品衛生責任者を置くことが必須となります。また、場合によっては、防火管理者も置かなければなりません。そして、事業内容によっては必要となる資格も増えます。営業開始したいけど資格者がいないなんてことが無いように計画段階で「こんなことがやりたい」と打合せ時に当事務所にお伝えください。当事務所が事業者様と一緒に営業開始に向けて準備していきます。

飲食店の開業・経営サポート 行政書士斎藤拓也事務所

資金調達などの
金銭面をサポート

食品営業施設を開業するにあたり、開業資金が必要となります。そのような場合においても当事務所が補助金や融資の申請サポートをさせていただきます。「やりたい事があるのに資金が足りない」ということが無いように、資金調達方法についてもご相談ください。

飲食店の開業・経営サポート!行政書士斎藤拓也事務所

食品営業許可取得サポート

食品営業施設を開業するには許可取得が必須となります。事業者様が開業する為の準備に専念していただけるように、煩雑となる申請書類の作成から提出、そして、保健所による現地調査の立会いまでのすべてを当事務所が代行させていただきます。

飲食店の開業・経営サポート 行政書士斎藤拓也事務所

HACCP導入及び運用サポート

2020年6月1日からHACCPが制度化されました。一年間の経過措置終了後は義務化となります。当事務所が導入から運用までサポートさせていただきます。(場合によっては、認証などの取得もサポート致します。)

飲食店の開業・経営サポート!行政書士斎藤拓也事務所

風俗営業許可取得、
届出サポート!Restaurant opening and management support!

風俗営業許可申請とは

キャバクラ、ホスクラブ、バー、スナックなどを営業する場合は風俗営業の許可や届出が必要となります。営業する時間帯、接待があるかどうか、客に遊興させるかどうかなどによって取得する許可の種類や届出を選択します。何が接待に該当するのか、何が遊興に該当するのかを判断出来ない場合や書類の作成が困難であったりする場合は、是非、当事務所にご相談ください。

飲食店の開業・経営サポート!行政書士斎藤拓也事務所

第1号営業(社交飲食店等)の
許可取得サポート

第 1 号営業(キャバクラ、ホストクラブなどの社交飲食店)は客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業となります。客に接待するかどうかがポイントとなります。

第2営業(低照度飲食店)の
許可取得サポート

第2号営業(カップル喫茶、BARなどの低照度飲食店)は喫茶店、BARその他の設備を設置して客に飲食させる営業で営業所内の照明を10ルクス以下(国家公安委員会規則の定めにより計測)としたものとなります。

特定遊興飲食店営業の
許可取得サポート

特定遊興飲食店(クラブ、ライブハウスなど)はナイトクラブその他の設備を設置して客に遊興と飲食をさせる営業となります。客に遊興させるかどうかがポイントとなります。(営業時間によっては特定遊興飲食店許可取得が不要となります。)

深夜酒類提供飲食店営業の
届出サポート

深夜における酒類提供飲食店営業(BAR、スナックなど)は深夜(午前0時~午前6時まで)において設備を設置して客に酒類を飲食させる営業となります。(営業の常態として通常主食と認められる食事を提供する場合は届出が不要となります。)

法人設立サポート!Restaurant opening and management support!

事業拡大を見据えた
法人設立サポート

経営が上向きとなり、事業拡大を見据えて個人事業主から法人成り(株式会社、合同会社設立等)をお考えの事業者様のサポートも可能となります。当事務所は提携する他士業と連携してトータル的にサポート致します。(その他、各種法人設立も可能となります。ご相談ください。)

飲食店の開業・経営サポート!行政書士斎藤拓也事務所

お気軽に
ご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

080-5417-4243

受付時間/平日・土日9:00〜21:00
お急ぎの場合はいつでもご連絡ください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ